サブリースで初心者でも大丈夫|未来を変えたいなら

忙しい人のアパート経営

ウーマン

転貸制度を活用する

アパートやマンションなどの賃貸契約書を見てみると、よく「転貸は禁止する」という文言が入っていることに気づきます。これは、賃借人が住戸を第三者に又貸しし、収益を上げたりするのを禁じた条項です。このように、賃貸住宅においては個人レベルで転貸を行うことは原則として不可能ですが、実はこの転貸を積極的に活用することで賃貸経営を安定化する方法があります。それがサブリースです。サブリース方式では、オーナーが不動産管理会社に物件を賃貸し、さらに管理会社が入居者に転貸することで賃貸経営を行います。つまりオーナーと入居者との間には直接の契約関係は生じないことになります。この、管理会社が間に入るという点に注意が必要です。このことによって、オーナーに2つのメリットがもたらされます。

収益の安定化も実現

サブリース方式を賃貸経営に導入することのメリットの1つは、業務の軽減です。転貸により、物件の管理はオーナーではなく管理会社が行うことになります。すなわち入居者の募集や審査、家賃の収納、清掃、修繕といった管理業務はオーナーが自ら行わなくても経営に支障が出なくなるわけです。そのため、サブリースはサラリーマンオーナーなど他に仕事を持つ経営者の間で人気があります。もう1つのメリットは、経営の安定化です。入居者の確保が管理会社の責任となることから、オーナーには空き室の発生による収入減を補てんしてもらう権利が生じます。そのため、ほとんどのサブリース契約においては、入居状況に関係なく満室家賃の80〜90%程度の収入がオーナーに対して毎月保証されるシステムとなっています。

個人向けの投資物

マンション

個人が投資用マンションを買って高収益を実現するには、収益物件サイトや不動産会社が提供する情報を活用するのが理想的です。中古マンションを購入して、設備投資やクレーム対応にも積極的に取り組むことが、経営を成功させる秘訣です。

もっと見る

セミナーで有益な情報収集

講義

不動産投資の事をもっとよく知りたいという人や、もっとうまく投資が出来るようになりたいと考えている方に便利なのが不動産投資セミナーです。不動産投資セミナーは初心者から上級者向けのものまで揃っています。そして、特長は最新情報や最新の不動産投資事情を知ることができる事です。

もっと見る

成功する極意

女性

個人でマンション投資を始める場合は、新築の投資用マンションを購入するのではなく、中古のワンルームマンションから始めるのがおススメの方法です。また、マンション投資で利益を得る方法は、キャピタルゲインとインカムゲインという2種類の方式があります。

もっと見る

Copyright © 2016 サブリースで初心者でも大丈夫|未来を変えたいなら All Rights Reserved.